1週間遅れの新果樹園の除草作業

DSC_2074 (427x640)

果樹の作業も5月実施予定の積み残し作業があり、1週間遅れで実施に踏み切りました。

DSC_2076 (640x427)

早くしないと梅雨入りになって、畑がぬかるんで、ラビットモアが入れなくなる恐れがあるためです。

DSC_2077 (640x427)

草刈りは、畑が乾いており、ラビットモアも点検修理したばかりなので、調子よく進み、4枚の畑を2時間ほどで刈り終えることが
出来ました。

DSC_2077 (640x427)

しかし、思いのほか枯れ苗が多く、最終的に生き残るのは、もしかしたら、半分以下かもしれません。

DSC_2075 (640x427)

色々な種類の果樹150種を3年前に植え付けましたが、柑橘系50種はほぼ全滅し、比較的良いのは柿類や栗など、
いずれもこの地区で昔から育てられているものがほとんどです。

DSC_2078 (427x640)

こちらは、新しく植えたブルーベリー苗ですが、こちらは、何とか、活着したようです。
柑橘系の枯れ苗の後には、現在、何の苗を補植したらよいのか、悩んでいます。
スポンサーサイト

耕作放棄地?(果樹園)

DSC_2006 (640x427)

新しく、果樹を植えた4枚の田んぼが雑草がすごいです。

DSC_2005 (640x427)

まるで、耕作放棄地のようです。
梅雨位置する前に、ラビットモアで1度草刈りを行いたいと思っています。

果樹の冬季剪定

DSC_1113 (640x427)

伊藤農園の果樹はブルーベリーや栗などがありますが、今年も冬季剪定は出来ませんでした。

DSC_1114 (640x427)

キウイフルーツの棚づくりや栗の枯れ枝剪定を行ったに留まっています。
これから、ブルーベリーの増植や酵素おがくずなどの施肥を行う予定です。

果樹苗周りの草取り

DSCN6859 (640x480) (640x480)

2年前に150種150本の果樹苗を休耕田に植え付けましたが、1年前はキャンサーの治療などであまり、良い管理だったとは言えず、又、本来栽培が難しいと言われる品種まで植えたので、結構、枯れてしまったものが出ています。

DSCN6860 (480x640) (480x640)

春になって、苗周りの草を取りながら観察してみると、植栽数の多い、柑橘類は半分程度が枯れました。
その他、写真のいちぢくやリンゴなども被害があるようです。
もっとも、リンゴは冬の凍害ではなく、ウサギの食害による被害のようですが。

マルシェでコンサート

DSCN6654 (640x480)

ギリシャをイメージした、パルテノン風の野外ステージもだいぶ、風格が出て来ています。

DSCN6651 (640x480)

今日はシンガーの方が、歌を披露してくれていますが、ちょっと、観客が少なくて残念ですね。

DSCN6652 (640x480)
プロフィール

itonouen

Author:itonouen
サラリーマンを定年退職後、米や野菜を作りながら、新たに果樹の栽培に挑戦中です。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カウンター
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR